「草コイン」は現時点では価値の低い仮想通貨のことです。

今大注目!「草コイン」を知って一攫千金を狙うには

MENU

草コインで一攫千金!2018年注目の仮想通貨銘柄を一挙ご紹介

 

ビットコインや草コインの山

 

ビットコインや仮想通貨のニュースや話題を聞く機会も増えてきています。
2017年は仮想通貨が大きく躍進してビットコインは1年で一時20倍以上の値上がりを見せました。
これから仮想通貨投資をすることを検討しているけど、既に大きな値上がりをしている銘柄だと不安も大きいと感じている人も多いでしょう。
またビットコインの場合は1枚単価が高いので個人の場合はレバレッジを効かせた証拠金取引が中心になります。
やり方次第では投資金以上の損失で借金をしてしまうリスクも出てきます。

 

ビットコインなどの時価総額の高い有名コインもいいですが、手軽に一攫千金を狙うなら、現時点では価値の低い草コインに投資することを検討してみてはいかがでしょうか?

 

 

草コインとは

 

仮想通貨のチャートイメージ図

 

限りなく価値がゼロに低い仮想通貨で1枚あたりの価格1円以下を主な草コインの定義になっています。
語源は、笑い文字を草に例えた「ww」のネット文字で、笑えるほど安い仮想通貨という意味です。

 

草コインといえども侮ることはできません。2017年でもっとも大きなパフォーマンスをあげたVergeという草コインは2017年当初0.0023円だったのが2017年12月には最高29.63円の値段をつけました。

 

1万倍以上のパフォーマンスで1万円分持っていたら1億円超えに資産を増やしたことになります。
Vergeもまだまだ成長する見込みもありますし、仮想通貨は宝くじ並のパフォーマンスを短期間で上げる可能性を秘めた銘柄が多数あります。

 

当サイトでは2018年に注目の仮想通貨銘柄を紹介しています。

 

草コインは買うのが難しい

 

1枚1円以下であれば、宝くじや馬券を買うような手軽な感覚で投資してもいいと考える人も多いですが、草コインを買うには海外の取引所に証券口座を開設する手間があります。

 

ビットコインなど大手の仮想通貨はFXなど国内の大手証券会社でも扱っていますが、日本の取引所は審査が厳しいため、草コインはありません。
日本市場上場した時点で信頼性が高いと評価されて、相応の価格に値上がりしてしまいます。

 

海外の取引所で豊富な仮想通貨を扱っていて日本語にも対応しているのは、Binance(バイナンス)です。
開設方法を解説する情報も豊富で英語力がなくても気軽に始めることができます。
さらに価値の低い草コインでは、かなり難易度の高い発展途上国の証券口座を開設する必要があります。
この手間を嫌って投資する人は少ないのですが、先進国の一般的な個人が手軽に買えない所に宝の山は転がっています。

 

買うまでの手間と労力はありますが、買える環境さえ作れば、小銭程度の軍資金で大きな夢を買うことができます。

 

 

無数の仮想通貨が登場する理由と草コインの魅力

 

最近ではビッグカメラなど日本の大手量販店やサービス業がビットコインを扱い始めていて、仮想通貨はビットコインに一本化するのでは?新興の草コインが大手に勝つ要素が分からない。と考えるものです。

 

草コインの魅力とは?

 

しかし、ビットコインもまだまだ問題点が多く、2017年に高騰したVargeの場合はビットコインよりも送金処理が速くセキュリティ面も高いと評価されて、将来的にはビットコインを超えるという意見も出ています。
また、仮想通貨は用途に応じて使い分けが進んでいく可能性が高いです。

 

当サイトで紹介しているXPやDecentralandはゲームに特化した仮想通貨です。
Decentralandは独自のVRゲーム内で使えるため、ゲームがヒットすれば自然と仮想通貨の需要も発生します。
ほかにも、融資に特化したETHLendや寄付サービスで注目を集めたDogecoinなど特定のジャンルでシェアを獲得しようとしている草コインがあります。

 

草コインの場合は、まだサービスやシステムが開発段階のものも多く、実用化されてないケースは当たり前で仮想通貨前提を見ても普及していない通貨が大半を占めます。
そのため、やろうとしているサービスが具現化すれば価値が数十倍から数百倍以上の高騰を期待できます。

 

つまり、草コインへの投資は極端な表現をすると、ベンチャー企業や開業前のサービスに出資するような感覚に近いです。

 

 

2017年末から多くの草コインが高騰

 

市場全体で仮想通貨の普及ムードが高まったことや、第2のビットコインVargeを狙おうとする動き、そして2017年初期から投資していた人の大半が莫大な利益をあげたことから、草コインへ投資する需要が高まっています。

 

2017年12月以降に数倍以上へ値上がりした銘柄も多く、間違いなく2018年も数百倍、数千倍と高騰する草コインが複数出てくるでしょう。

 

ビットコインは規制が強まる警戒から2018年1月に大きく値を下げましたが、草コインは規制の影響を受けにくい業態のものも多く、現在の価値が限りなくゼロに近いため、無限の可能性を秘めています。
ただし、草コインは当サイトで紹介している注目銘柄以外にも数え切れないほどの種類があり、大半のものは普及せずに終了になる見込みです。
ハイリスク、ハイリターンということを認識して、投資金が0になってしまうリスクを認識して投資しましょう。

 

草コインは投資額が少ないので、口座開設の手間はありますが、捨てるつもりの投資額で人生を変えられるほどの利益を出せる可能性がある夢の詰まった投資商品です。