詐欺コイン対策として、情報量が少ない仮想通貨には手を出さないことです。

詐欺コイン?草コインを始める前に気を付けたいこと

MENU

詐欺コインに注意

 

詐欺コインに注意をする女性

 

2017年12月あたりから、草コインが高騰するニュースが増えています。
全面高状態になって、短期間で10倍に跳ね上がるなんてことも当たり前の市場ですが、海外の取引所は審査が緩く詐欺コインも多いのが特徴です。

 

詐欺コインの特徴
何も開発せずに未公開で売る
価値のない(上げる気のない)コインを上場させて資金集めだけ行って逃げる
開発者が仕手化をして価格操作をする

 

 

詐欺コインの大半は個人による未公開コイン

 

上場している時点で海外の怪しい取引所であっても、ある程度の信用はできます。
当初から詐欺目的で上場している場合は、最初から人気がなくほとんど売買成立していません。
こうしたコインは投資家から上場することが決まったから、上場前に特別価格でコインを売るなどといって資金を集めます。

 

投資家は上場決定したコインをICO(公募)ではなく特別なルートで手に入れられると期待しますが、価値がなければ上場しても誰も買ってくれず投資家が大損をします。
ひどいケースでは、上場すらせずに、何の価値もない仮想通貨を売って逃げてしまいます。
上場していれば、プロの投資家が価値を判断して売買を行っていますので自然に現在の市場価値や期待値を含めた価格で流通しています。

 

普及する可能性の低いコインも多数ありますが、草コイン程度であれば日本円で1枚0.1円以下で流通しているので、大きな損をすることはないでしょう。

 

仕手とは??

 

売り抜けることを目的に価格操作するプロ集団のことです。
たとえば1円未満で大量に仕込んで、その後買い注文を大量に入れて10円まで流通させます。

 

そうすると値上がり率やチャートを見た個人が提灯買いを行い、そこで少しずつ元々仕込んでいたコインを売り捌いて逃げる行為です。
仕手が逃げると誰も高値で買わなくなるので最終的には元の価格に戻ってしまいます。
草コインの場合、上場前のコインを高値で売って、上場後に価格操作して高値水準で推移させ、投資家にまだまだ上がると伝えてさらに買わせます。
最終的には仕手が売り抜けて、価格は上場前に売った価格よりも大きく下がってしまいます。

 

ただし、仕手の場合は仕込み作業も必要なのである程度流通量がある中規模のコインで行われることが多いです。草コインの場合は材料がなければ高騰しても飛びつく個人は限られています。
すでに憶測やニュース、材料をたくさん抱えているコインの場合は仕手に注意しましょう。
ビットコインについても、一部で仕手が介入しているという噂が出ています。

 

 

情報量の多い草コインであれば問題ない

 

当サイトで紹介しているコインをはじめ、草コインの中でも2018年の急成長を期待できる情報があれば、詐欺に引っかかる可能性はありません。

 

しかし、あくまでも草コインなので開発者や運営者が全力で開発、整備した結果、普及せずに終了してしまうリスクがあることは認識しておきましょう。

 

国産の仮想通貨であればモナコン、BitZeny!(ビットゼニー)などがありますが、国産だからといって暴落しないというわけではありません。
草コインは安いので損してもいいくらいの気持ちで少額投資から始めることをオススメします。