ETHLendはイーサリアムを機軸にして融資に特化した仮想通貨です。

新興通過「イーサレンド」について-融資に特化した草コイン

MENU

ETHLend

 

仮想通貨・ETHLend

 

登場時期 2017年
承認方式 POW
発行枚数 10億
時価総額 約2億円
主な取引所 Gate.io、BINANCEなど

 

融資に特化した仮想通貨

 

まだ実用化はほとんどされていませんが、仮想通貨の中でも融資に特化した商品を目指しています。
日本の場合、子供のころから銀行口座を持っていることが当たり前で、融資を受けるには銀行口座を持っていることが必須です。
また、日本ではコンビニや駅前などにATMが充実しているので資産の大半を銀行に預けて必要な時に必要なだけ引き出することができます。
しかし発展途上国では銀行が整備されていなく、良いビジネスモデルがあるけど銀行口座を持っていないために融資を受けられずチャンスを逃している人もたくさんいます。
ETHLendは仮想通貨を通じて世界から融資先を探せる機能を整備して、銀行や消費者金融に変わる融資サービスの実現を目指しています。

 

まだまだ根本的な仕組みは開発、調整段階ではありますが、すでに全世界ではアルファ版にして1,700万円以上の融資残高もあり、ニーズの高さを伺わせるデータも出ています。

 

 

課題は山積みだが普及すれば大きな市場規模になる可能性

 

ETHLend(イーサレンド)による仮想通貨のやり取りをイーサリアムで行います。
融資サービスも当然、イーサリアムで行うことになります。
本来は銀行を利用できない国や地域をターゲットにしたサービスですが、イーサリアムで融資を受けて、それをビジネスで使える現実通貨(その国の貨幣)に換金することが容易ではない問題点があります。

 

つまり、現時点では本来の目的に関して機能していない状況ですが、今後はほかのアルトコインにも対応したり、換金性を高めるなどしてシステムを整備していく見込みです。
融資は単価も大きく世界中に需要があります。
今後経済成長を見込める発展途上国も多数あることから、普及すれば大きな需要を見込めるビジネスモデルです。

 

 

2018年には高騰の可能性

 

すでに2017年末から2018年1月にかけて高騰をしています。
2018年には大幅なアップデートなどシステムが整備されていく見込みです。
現在のアルファ版から実用性のあるサービスに進化していけば、現在の価格から数千倍以上の値上がりも期待できます。
今後高騰が期待できるSHIELDと同じく、まだ取引所が少なく購入が困難である場合のほうが先買いはしやすいです。

 

まだ、上場している市場が少ないですが、今後もアジアを中心に取引所を拡大していく予定です。
一攫千金を狙うなら、取引所が少ない早めの段階がオススメです。現時点では、新興通貨に強いBINANCE(バイナンス)がもっとも利用しやすい取引所です。