求職者と採用者のマッチングはニーズのある分野なので、EchoLinkは飛躍的に成長する可能性を持っています。

求職者と採用者のマッチングプロジェクト「EchoLink」

MENU

EchoLink

仮想通貨・EchoLink

仮想通貨というと、投資対象や決済手段といったイメージが先行してしまいます。
しかし、現在ではその他の様々な分野においても仮想通貨が使われています。

 

今回紹介するEchoLinkも、そうしたものの一つです。
現在ではまだ、EchoLinkと聞いてもピンとこない方の方が多いはずですので、以下で詳しく紹介していきたいと思います。

 

EchoLinkとは?

冒頭で触れた通り、今や仮想通貨は様々な分野において使用されている、イノベーションの中核とも言えるアイテムです。
これまで想像もできなかったような分野にまで、仮想通貨が使われるようになっています。
今回はEchoLinkについて取り上げるわけですが、このEchoLinkもこうした新しい取り組みの一つです。

 

EchoLinkとは、簡単に言えば求職者、教育機関、企業を結ぶブロックチェーンネットワークのことです。
ですので、EchoLink自体が仮想通貨であるというわけではありません。
EchoLink自体は求職者と採用者のマッチングを目的としたプロジェクトで、EchoLink上で使われる仮想通貨(トークン)はEKOと呼ばれています。

 

これまで、求職者と採用者のマッチングには様々な問題がありました。
特に深刻だったのは、教育機関(主として大学)と企業の連携の不足、そして情報共有の不全です。
企業で採用担当となった方であれば分かると思いますが、企業側は学校側との連携が不足しているため、求職者に関して非常に限られた情報で採用の成否を決定しています。

 

そしてこのことは、大変な問題を引き起こしています。
それは、求職者による学歴、職歴の偽装です。
企業が採用に際して学校側と十分な連携や情報共有を行えないため、求職者の経歴を正確に把握できず、そのために求職者が学歴・職歴を偽装していてもそれを見破れないという状況になっているのです。
これが大きな問題であることは誰にでも理解できることだと思います。

 

しかし、問題はこれだけではありません。
学歴・職歴を偽装する求職者が増えることで、自らの経歴を正直に答える求職者が不利な状況になるという、一種のミスマッチが生じているのです。
要するに、経歴を詐称している人間の方が就職において得をする状況が生まれつつあるのです。

 

しかしこうした状況も、EchoLinkの登場により改善の方向に進むかもしれません。
EchoLinkは、求職者が学歴、資格、職歴などの情報を改ざん不可能なブロックチェーンに書き込み、その情報を参考に企業が採用活動を行うというプロジェクトですので、多くの企業がEchoLinkを利用すれば、就職における経歴の偽装の問題は飛躍的に解決することになると予想されます。

 

EchoLinkの将来性

求職者と採用者のマッチングというのは、中々注目されませんが非常に大きなニーズのある分野です。
そのため、EchoLinkは今後この分野で飛躍的に成長する可能性を持っています。
Forbes Technology Councilのメンバーであるスティーブ・チェン氏がCEOを務めているということを考えても、その将来性に大きな期待を抱くことができます。