MOLDはブロックチェーン技術が使われており、非常に安全にゲーム内及びゲーム間の取引が出来ます。

MOLDを使えばゲーム内のお金が法定通貨(日本円)になる!?

MENU

MOLD

仮想通貨・MOLD

皆さんはMOLDをご存知でしょうか?
おそらく、現在ではほとんどの方が名前すら知らないという状況ではないかと思います。
もしかすると、仮想通貨に関心のある方の中にもまだご存知ない方がいらっしゃるかもしれません。
そこで今回は、このMOLDについてできるだけ分かりやすく解説していきたいと思います。

 

MOLDとは?

現在ではまだ、MOLDと言われてもほとんどの方がピンとこないというのが実情です。
ですので、まずはMOLDというのはそもそもどういうものなのかという点から始めたいと思います。

 

MOLDというのは簡単に言えば、ゲーム内で手に入れたお金やアイテムを暗号化して、ETHLendなどと同様にイーサリアム(アルトコイン)を使って取引するプラットホームのことです。
ですので、MOLD自体が仮想通貨なのではなく、ゲームと仮想通貨を結ぶ一種の市場だと言うことができます。
MOLDにおいては、ゲーム内で手に入れたお金やアイテムが一度トークン化(暗号化)されます。
ゲーム内のお金やアイテムは特定の形式や価値に基づいて作られているわけではないため、一度それをトークンという形に変えるわけです。

 

そして一度トークン化されたら、今度はそのトークンがMOLD内で売買されることになります。
トークンの売買には、イーサリアム(アルトコイン)が使われます。
つまり、以下のような流れでMOLDを利用することになります。

 

ゲームをプレイする
ゲーム内でお金やアイテムをゲットする
手に入れたお金やアイテムををトークン化する
トークンを仮想通貨で売買する

 

要するにMOLDを使えば、これまでゲーム内で完結していたお金やアイテムといったものが仮想通貨という現実の価値に置き換えられるわけです。
そして、仮想通貨(イーサリアム)に換えられるということは、そこから法定通貨(日本円)に換えられるということでもあります。

 

トークンを色々なゲームで使うことができる

MOLDが開発したゲームでは、お金やアイテムをトークン化できるだけでなく、トークン自体をゲーム内通貨として使用することもできます。
従って、あるゲームで貯めたトークンを別のゲームで使用するということが可能になります。

 

これがいかに画期的なことであるかは、ネットゲームのプレイヤーにはすぐに分かるはずです。
MOLDが開発していないゲームではこの仕組みを使うことはできませんが、それを差し引いても画期的なサービスだと言うことができます。

 

MOLDの安全性ブロックチェーン技術が使われているというのもMOLDの特徴の一つとなっています。
既にご存知の方も多いとは思いますが、ブロックチェーンは取引した情報を全て暗号化し、それを分散して記録することにより、データの改ざんやハッキングを防ぐことのできる技術です。
MOLDではこの技術を採用しているため、非常に安全にゲーム内及びゲーム間の取引を行うことができます。
また取引の情報に関しても、事後的に本人自らが確認を行うことができます。