SHIELDは取り扱っている取引所が少なく、購入すること自体が難しいです。

ハードルが高めな草コイン「SHIELD」とは

MENU

SHIELD

 

仮想通貨・SHIELD

 

登場時期 2017年1月(上場)
承認方式 POW(将来的にはPOSを検討)
発行枚数 6億6千万
時価総額 20万円くらい
主な取引所 Stocks.exchangeなど

 

1万倍も狙える2018年注目の低位草コイン

 

2017年には一部の銘柄が1万倍以上の値上がりを達成して話題を集めました。
無限の可能性があるのが草コインの魅力で、今後の可能性という面で注目されているのがSHIELDという仮想通貨です。
匿名限定取引で将来的にはSNSでの活用を目指しています。
量子コンピューターの導入に向けた開発をしていて、もし実現すればハイスピードと高セキュリティを実現することになります。

 

 

量子コンピューターとは

 

具体的な話をすると、かなり難しくなりますが、簡単にまとめると、既存の仮想コインのシステムに比べて処理スピードが高く、ハッカーなどから攻撃されるリスクが少ない複雑かつ効率の良い仕組みです。
開発するのは簡単ではなく、実現するかは不透明で現時点では上場しているとはいえ、ほとんど実用性がありません。それゆえ価格も草コインの中でも超低位に位置しています。

 

現在目指しているシステム構築が実現すれば将来的に数万倍の高騰も夢ではありません。

 

購入はハードルが高い

 

草コインなので当然日本には未上場で、世界で見ても大きな取引所に上場していません。
現在は以下の取引所に上場されています。

 

  • Stocks.exchange
  • Tradesatoshi
  • Coinsmarkets

 

この中でも流通量が多いのはタイの証券取引所にあたるStocks.exchangeです。
新興国の投資でもタイの株を買うのはハードルが高く、仮想通貨となるとさらに難易度は高いです。
日本にいながら購入できないこともないのですが、仮に英語スキルが豊富でも難しいことです。
小規模の取引所なので、ルールが整備されていない部分も多く、大金を預けることもできません。
Binanceなどに上場すれば、一気にボラが拡大して値上がりも期待できるでしょう。

 

現時点で一般の方が購入するのは非常に難しいのが現状です。

しかし、だからこそ投資価値があるとも捉えられます。

 

もし1万倍を達成すれば1万円投資して1億円に跳ね上がることになります。レバレッジをかけなければ損失リスクも1万円のみです。
宝くじを30~40枚買うよりも、よっぽど効率よく億万長者を狙えます。

 

しかし、現時点の価格が非常に安く今のレートで1万円買おうとすると全体の20分の1近くが集まってしまいます。
1万円分買おうとするだけで、高騰してしまうので地道に少しずつ集めていく手間も必要です。
こうした手間と努力を出来る人が投資で驚くようなパフォーマンスで成功するのでしょう。
軍資金が少ないという点が個人の方にオススメできる理由です。